桜まつり期間中の河川空撮および映像撮影等について

桜まつり期間中の映像等の撮影については
河津桜まつり実行委員会(事務局 河津町観光協会)へ
お問い合わせください。

また、河津桜まつり期間中 ドローン等を無断で飛行される方が見受けられます。
河津桜まつり期間中の河津川沿いの上空の飛行はイベント区域となっており
飛行が禁止されております。イベント中の開催時間(AM8:30~PM5:00)まで
一切の飛行ができません ご了承ください。
 
200g以上のドローン等(DJI MAVIC、PHANTOM等)を飛行される場合は
河津桜まつり実行委員会へ飛行撮影の手続きを行なってください。
飛行される方全員に 以下の書類及び資格が必要になります。
撮影可能時間は期間中 日の出~AM8:30 までとなります。
撮影の7日前までに実行委員会へ事前に手続きを済ませておいてください。
※一人での申込みはできません撮影当日は必ず2名以上で運行して頂きます。

    • 国土交通省 無人航空機の飛行に係る許可・承認書
      • 人又は家屋の密集している上空(航空法132条2号)
      • 人、物30m以内の近接飛行(航空法132条の2第3号)
      • 目視外飛行(航空法132条の2第2号) 
    • 無人航空機等の損害賠償保険に加入している者
    • 飛行計画書

注意事項

    • 目視外飛行となる為1名での申し込み参加はできません。操縦者及び監視員を1名以上配置していただきます。
    • ほうせん橋から河津いで湯橋、いで湯橋から峰橋までが撮影可能エリアとなります。
    • 撮影可能区域は河津川沿いまたは上空となります。禁止区域として浜橋から館橋にかけては安全に離着陸できる場所が無い。また私有地上空を飛行するため飛行は一切禁止いたします。館橋から荒倉橋にかけては伊豆急行線上空を通過する為原則禁止。
    • 荒蔵橋から木の宮橋にかけては道路と隣接しますので十分注意して飛行してください
    • 警察等に飛行中止を求められた場合は必ず従ってください。
    • 撮影中の事故、トラブルにおきましては一切責任を負いません。